どんな人生にも雨の日はある。

登山初心者の山歩きの記録と日常。行ける山から少しずつ。

日光・中禅寺湖 半月山展望台と八丁出島

 

f:id:Aoituki:20201101005309j:plain10/28水曜。紅葉を見に、中禅寺湖の湖畔の山、 半月山に登ってきました。

ここは山頂付近にある半月山展望台から、中禅寺湖に突き出た八丁出島と正面に男体山を見下ろせる絶景ビューポイントとして有名です。この角度の中禅寺湖の写真、旅行パンフで時々見ますよね?あれはカメラマンさんがここまで山登って撮影しているのだと理解しました。カメラ構えたそーいう方々が展望台に居ましたよ。

それでは2020年紅葉シーズンのメインデッシュ、日光中禅寺湖の紅葉をどうぞー。

続きを読む

晩秋の山中湖・初ワカサギ釣り

f:id:Aoituki:20201019222421j:plain10/18日曜。有給を取って、妹一家と一緒に山中湖で初のドーム船ワカサギ釣りをしてきました。夏にニジマス釣りを家族でした際に、次はドーム船でワカサギを釣りたいねと約束していたのです。

山中湖にはいくつもドーム船ワカサギ釣りをやっているトコがあります。それぞれ工夫をこらした船やサービスで競い合ってますんで、それぞれのウェブを見て吟味し、一か月前に予約しました。コロナで席数を減らしてたりするし、シーズンは満席になる事も珍しくない人気の釣りです。子供から老人まで楽しめて、寒くないしトイレもあるしってのが理由かな。

今回はドーム船での釣りの記事で、山登りは無いので、興味ない方はここでUターンしてくだされ。

続きを読む

白駒池から高見石(紅葉2020)

f:id:Aoituki:20201015221739j:plain10/14水曜日。北八ヶ岳にある紅葉の名所、白駒池に紅葉を見に行ってきました。 

今年もやってきました、7月からのグリーンシーズンに次ぐ登山トップシーズン、10月からの紅葉シーズン。お休みが一週間おきに平日連休の仕事の為(オットが。私はシフト制なので合わせてる)、前回の連休はまだ紅葉に早くて富士山を見に行ったけど、そろそろ紅葉がいい時期じゃないか?と、あちこちの紅葉登山の名所をここしばらくチェックしてました。

今年の紅葉登山の皮切りに候補に上がってたのは、日光の半月山から中禅寺湖男体山を眺めるコースか、奥日光の紅葉を見に切込湖・刈込湖を巡って光徳へ降りるコースあたり。ライブカメラやヤマップの該当地域の登山情報など見てましたが、どうも第一候補の半月山はまだちょっとだけ早い様子。どうするかー、と悩んでたらどうやら白駒池の紅葉が見頃らしいから白駒池にしよう!とオット提案。

白駒池から高見石は数年前に登ってヘタった場所だけど、少しは筋肉がついた今の脚ならどんなもんか試してみたいよねと、ちょうどちょっと前にオットと話していたし、紅葉が綺麗で有名な場所だし、第三候補地でもあったので今回の行き先は北八ヶ岳の白駒池に決定しました。

 

続きを読む

金時山

f:id:Aoituki:20201003221203j:plain9/30水曜。久しぶりの朝からの晴天予報。朝晩冷え込んできたし、金木犀も咲き始めたし、そろそろ紅葉かとあちこちの名所のライブカメラやヤマップのログなどチェックしたもののまだどこも早い。

うーーん、せっかくの晴れて気温も高めの晴天、じゃあどこへ行こうかと考えて、そうだ!晴れてるならきっと見えるはず!富士山を見に行こう!と、箱根の富士山ビューで有名な山、金太郎伝説の金時山を歩いてきました。

続きを読む

裏磐梯 五色沼散策

f:id:Aoituki:20200924192444j:plain9/23水曜。台風12号の接近予報の中、裏磐梯五色沼湖沼群を歩いて来ました。

9/23、24の連休は8月に中止にした尾瀬行きを再セッティングしてたんですが、台風の接近に伴い、23日はまだ良くても、山小屋からの帰りの24日はエグい雨量の予報だったんで中止にしました。この数週間、山小屋の早い夕飯後に飲むお酒やおつまみなんかもちまちま揃えて、尾瀬の常宿の弥四郎小屋は、小屋前に弥四郎清水という湧水が湧いてるから、そこで日本酒なんぞ冷やすべくネットなんか用意して準備万端。山小屋には氷のサービスはないから、保温のいいサーモスのコップなんかも買ってワクワク準備していたのに、またもや台風に阻まれて尾瀬行きは叶わず。

当初予約していた5月末はコロナで山開かず、6月に延期したもののやはりコロナで山小屋は閉鎖。小屋からの連絡で7月に伸ばしたら豪雨でダメで、8月は急な体調不良。9月に伸ばしたら台風が急に発生。ここまで横槍が入るのはこれは今年は尾瀬に行ってはいかんという天の声に違いないと潔く諦めましたが、せっかく楽しみにしていた山歩き中止のフラストレーションと、せっかく準備した山歩きの色々な道具をこのまま片付けるのはむなしすぎる!と代替え案で出したのが五色沼散策でした。

続きを読む